いまここでどこでもない

I can't give you all that you need ,but I'll give you all I can feel.

Best 50 Albums of 2016

2016年はまだ1ヶ月も残っているのに、少々フライング気味ですがベストアルバム50枚を。愛聴したはずなのに漏れてしまったアルバムが何枚もある気がします。ざっと思いつくのは、大森靖子「Tokyo Black Hole」とか、マックスウェル「black SUMMERS' night」と…

The 1975『I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful Yet So Unaware of It』

デビューアルバム『The 1975』はモノトーンな美意識が、少なくともビジュアルイメージに関しては、貫かれていたが、最新作においてカラフルな装いに転向しても彼らの最大の魅力は少しも損なわれていない。甘さ。チョコレート、それもブラックではなくホワイ…

Kanye West『The Life of Pablo』

一体何故、こんなことになってしまったのだろう。オフィシャル・サイトで公開されたクレジットに記載されている参加ゲストの面子の豪華さにクラクラしながらこの作品を聴いていると、カニエ・ウェストというミュージシャンのエゴは本当に本当に本当に厄介な…

Best 50 Albums of 2015 (50→26)

2015年はヤバい。そんな言葉がTwitterやブログや音楽メディアで踊る毎日。Apple MusicやAWAも登場したこのご時世に、気付けば150枚近くCDを買い、更にはダウンロードやストリーミングを駆使しながら貪欲に音楽を吸収した。こんなのはスヌーザーのディスクガ…

Best 50 Albums of 2015 (25→?)

🍊

Grimes『Art Angels』

Pitchforkが近日中にアップするだろう『Art Angels』についてのレビューが、良くも悪くもこの作品に対するリアルタイムでの評価の尺度となるのはまず間違いないだろう。だからこそ、なんて言い方はあまりにPitchforkを神格化しすぎな気もするが、それまでに…

Oasis『Heathen Chemistry』と批評を巡る対話

ピッチフォークにとってオアシスというバンドはどういった存在なんだろう?と思いレビューを調べてみたら、ボロカスに貶していて(流石に最初の2枚はある程度評価していましたが)案の定というか何というか。特に1.2点という滅多にない低得点を叩き出した『ヒ…

秋に聴きたいセンチメンタル過剰な10曲+α

みんな大好きオーケストラルくるりを代表する名曲「Jubilee」。あの曲でいちばん泣ける瞬間は、岸田繁が物憂げに「あぁ、さっきから風が冷たい」と呟く瞬間だと思うのですが、どうでしょう。同じく、みんな大好き中期フィッシュマンズを代表する名曲「感謝(…

The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Die 『Harmlessness 』

The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Die 。「この世界は美しく、僕はもう死ぬのは怖くない」という「世界の終わり」と名乗っていた頃のセカオワすらドン引く程のナイーブさを臆面もなく露わにしたそのバンド名。2009年にアメリカの…

是枝裕和『海街diary』

2度目となる『海街diary』を観終わった。わざわざ同じ作品のために2回も映画館に足を運ぶという経験は初めてのことだ。音楽でも、小説でも、きっと映画でも、初めて触れたその瞬間から心の何処かに住みついてしまう作品というのがこの世界には存在している。…

2015年に聴く中村一義

先日、人生で初めてデモに参加してきた。この場合「参加」という言葉を、僕が忌み嫌っている「参戦」と置き換えてもきっと構わないのだと思う。僕はあの日、確かに腹を立てて、声を出しに、文句を言いにデモに加わった。特定の人物に敵意を向けた言葉を叫び…

Ducktails『St. Catherine』

麗しき新世代ギターロック・バンドの雄リアル・エステート、そのギタリストであるマット・モンダリルが率いるダックテイルズ。ソロプロジェクトといっても結成は2006年と、2009年に始動したリアル・エステートよりも歴史は古く、寧ろ彼にとってはホームとも…

Tame Impala『Currents』

奇妙な作品だ。少なくともテーム・インパラのパブリック・イメージであるサイケ・ロック/ギター・ロックの範疇からは大きく逸脱したアルバムだ。昨年リリースされたハウ・トゥ・ドレス『What Is This Heart ?』を連想させる、ソウル・ミュージックへの接近。…

音楽雑誌スヌーザーが僕らに残してくれたもの (Random Access Memories)

RAM

かつてスヌーザーという音楽雑誌がこの国にはありました。元ロッキングオンの副編集長、現在はthe sign magazineのクリエイティブ・ディレクターを務める田中宗一郎という人が責任編集する形で1997年にスタートし、2011年に終刊となるまで足掛け14年間全国の…

Sentimental Drone Music Disc Guide

あくまで個人的な実感の域を出ないのだけど、2000年代前半、fennesz『Endless Summer』という傑作に端を発して「叙情的なエレクトロニカ」とカテゴライズされる音楽の大ブームがあった。あなたが僕と同じくあの時代に音楽に夢中だったなら、Mego, Karaoke Ka…

The Best 30 Albums of 2015 So Far

2015年という年は、十数年後、もしかしたらポップミュージック史上の歴史的な一年として記憶されているかもしれない───、だなんて、思わずそんな妄想を巡らせてしまうほど、国内外を問わず毎週のように傑作がポストせれたこの半年間。いや、マジホント楽しか…

cero 『Obscure Ride』(Raw)

『Obscure Ride』のサウンドへの言及に比較して、その作中で語られた事象についての言及は現時点では驚くほど少ない。そこで、このディティール編では今作で多用される【船】と【影】というモチーフと【砂漠】/【海】(と「都市」)という舞台が何を意味するの…

cero『Obscure Ride』(Rough)

予めメモしたアルバム発売日にタワーレコードへと足を運び、初回限定版がまだ残っていることに心から安堵してレジに向かい、帰り道にどうしても気になって歌詞カードを取り出し、部屋に戻ると急かされるようにCDをセットし、ほんのちょっとの不安を抱えなが…

Kanye West『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』

まったく、この国の自称・音楽好きの人々のカニエ・ウェストに対する関心の低さは一体何が原因なんだろうか。カニエはあらゆるスケジュールを白紙にしてでも去年のフジロックに来るべきだった。理屈抜きに圧倒的なパフォーマンスで、まるで黒船のように文化…

カニエ・ウェストはかく語りき

カニエ・ウェストがPAPER紙にエッセイを寄稿していました。テーマは「アメリカン・ドリーム」。しかしカニエさん、出だしから「俺の夢は”アメリカの夢”みたいなちっぽけなもんじゃねーから」と一刀両断。クリエイティブに対する異様なまでの拘泥に文中で何度…

2014年のベストいろいろ

あけましておめでとうございます。前回の年間ベストアルバムに引き続き、2014年のベストソング、ベストリイシュー、ベストミックステープ、ベストブックを選びました。ベストムービーはアナ雪と抱きしめたい(しか観てない)です。来年はたくさん映画を観るこ…

BEST ALBUMs of 2014 (10→1)

ようやく完成しました。2014年のパーソナルベスト、最後の10枚です。楽しんでもらえたら幸いです。どうぞ! 10.Black Metal/Dean Blunt 「ウェルメイド」って言葉がネガティブな意味で使われるようになったのはいつからだっけ?作品として統一感があって、お…

BEST ALBUMs of 2014 (20→11)

リイシューとはいえボブ・ディラン(とザ・バンド)の1967年のブートレグがあまりに素晴らしかった事と、まさかまさかのディアンジェロのニューアルバムがリリースされるというニュースのおかげで、ここにきて年間ベストをどうするかを少し迷いましたがとりあ…

BEST ALBUMs of 2014 (30→21)

そもそも僕がこのブログを始めた理由は、毎年趣味で作っていた年間ベストアルバムのリストを発表する場がほしいというものでした。年末になると世界中でたくさんのベストアルバムがポストされます。それらリストのおかげで数え切れないほどの素晴らしい音楽…

10月のレコメンドミュージック

今回からタイトルを「ベストミュージック」から「レコメンドミュージック」へと微妙に変更してお送りいたします。こちらの方がしっくりくるというだけで深い理由は特にありません。10月は何よりベストソングから。これ。断トツ。最初の一週間で100回は聴いた…

「ネットの音楽オタクが選んだ2010年代上半期のベストトラック」の知らない曲を聴いてみる

僕も参加させてもらった音楽だいすきクラブの「ネットの音楽オタクが選んだ2010年代上半期のベストトラック」企画。邦楽のランキングが発表されました。 「ネットの音楽オタクが選んだ2010年代上半期のベストトラック 邦楽編 50位→1位」(リンク内に50位以下…

Grouper『Ruins』

Grouperの最新作『Ruins』がリリースされた。Ruins/Grouper 2014 まずはざっと彼女の歩みを振り返りたい。GrouperことLiz Harrisは1981年に米ポートランドで産まれた。2005年からインディペンデントに何枚かのCD-R作品をリリースし、2008年の『Dragging a De…

Giant Claw『Dark Web』

食品まつりの作品などのリリースで知られるレーベル「Orange Milk」の主催者、Keith Rankin a.k.a Giant Clawの『Dark Web』がとんでもない! DARK WEB by Giant ClawFKA twigsの『LP1』が良い意味でも悪い意味でも「置きにいった」ウェルメイドなR&Bアルバ…

My 10 Favorite Nirvana Songs

極私的なニルヴァーナの10曲。なんで今更ニルヴァーナなのか?というと、昨晩『MTVアンプラグド』を聴いてその美しさに息を呑んだから、と極めて単純で個人的な理由でしかない。何にせよ、インターポールのポール・バンクスが「僕にとって唯一のロックスター…

9月のベストミュージック

秋も深まってまいりました。すっかりスチャダラパーの名曲「Mr.オータム」が染みる季節になってしまいましたね。きっと秋が来るたびにこの曲を聴いて、色々思うことも増えていくのでしょう。年々と。ちょっと嫌になっちゃう。 例年のごとく街を疾走 KEEP ON …

Tomorrow's Modern Boxes.

トム・ヨークがいきなりニューアルバムをリリースしやがりました!この人はいつもいきなり動き出しますね。しかも今回もリリース方法が凝っています。どうやらBitTorrentというシステムを経由しての配信のようですが、さてどうなるのか。とりあえずは彼らか…

KOHH『Monochrome』

こんな言葉がある。 リアルよりリアリティ、リアル これは甲本ヒロトがハイロウズ時代に書いた「十四才」という曲の一節だ。 KOHHというラッパーがいる。1990年東京生まれ。幼少期は都営住宅で薬物中毒者の母親と過ごす。身体中タトゥーだらけ。2012年に発表…

最近のお気に入り

最近聴いた音源から。新譜みっつ、旧譜ひとつ。Weaving/Jo Johnson(2014) アメリカのエレクトロニックミュージシャンのニューアルバム。美麗なシンセサウンドと反復の快楽。基本的にクラウトロックを意識した意匠ながら、随所にドローンやアンビエントの要素…

SEEKAE『WORRY』

薄々勘付いているだろうが、ポップ・ミュージック好きの連中の「最高!」だとか「歴史的名盤!」みたいな言葉ほど信用できない言葉、そうそうない。彼らは年中そんなことを声高に叫んでは、翌週にはけろっとデータを消去し違うアーティストの最新作に尻軽に…

ゴーイング・ゼロから1への飛躍、またはその掌返しについて

(※音楽だいすきクラブの記事からの加筆再掲)渋谷系って?そう尋ねられたら僕は「海外かぶれでスノッブな連中のスカした音楽だよ」と偽悪的に答えてやろう。この国の偉大なるアンファン・テリブル、フリッパーズ・ギターの2人に倣って。田中宗一郎は渋谷系を…

最近のお気に入り

最近気に入ってる新譜と旧譜を何枚か。兼忘備録として。こういうのも書いておかないと、あっという間に忘れてしまう。飽きっぽいからね。Minus Tide/Lemonade(2014) 前作『Diver』で一躍人気に火がついたシンセ・ポップバンドの2年ぶりのサードアルバム。「…

Merchandise『After The End』

ここ十年で最もアメリカの文学に影響を与えたバンドはキュアーとR.E.M、そしてスミスだそうだ。その影響力は純文学に限定せず、ヤング・アダルト文学や映画、果てはカルチャー雑誌やティーン雑誌の広告の見出しまでスミスの歌詞が引用されまくっているようだ…

Perfume,8月のベストミュージック

調子乗ってぶちあげたディスクガイド企画は完全に頓挫しました。楽しみにしてくださった方がいたらごめんなさい。完全にオオカミ少年状態ですが、なんやかんや100枚近くのレビューを書いたので来年の夏の公開に向けて準備を進めています。前回の記事のように…

Endless Summer

夏が終わる。夕暮れ時。長く伸びる給水塔の影。黴臭い市民プールの帰り道。誰もいない砂浜。バッグから零れ落ちたビーチの砂。そんな夏のぬけがらたちが、まるで亡霊のように僕たちに呪いをかける。終わらない夏休み。8月32日へ。そして気付いたら僕らは海に…

My 30 Best Albums of The Decade (So Far)

ベストトラックに続いて2010年代上半期のベストアルバムです。どうしてもランキングが高くなるので2014年発表の作品はこのリストからは除外しました。しかし、我ながらベタなセレクトだなー、と思います。特に上位2枚。調べてみたらおしなべてPitchforkのB…

My 20 Best Tracks of The Decade (So Far)

Pitchforkのコレに触発されてやってみました。国内/海外に分けてそれぞれ20曲ずつ。レビューは後日追加できたら書きたい。とりあえず1位は過去を慈しむ楽曲と未来の子供達に向けた楽曲とそれぞれなっています。特に海外のアーティストはアルバム単位で聴く…

Jpop de Motown

世界一好きな曲はちょっと迷ってしまうし、なかなか決めることはできないけれど、世界一好きなベースラインなら迷わず即答できる。シュープリームスが歌う、永遠のクラシック「恋はあせらず」。後にモータウン・サウンドの代名詞となる、ジェームス・ジェマ…

Spoon 『They Want My Soul』

Spoonのニューアルバムが大変なことになっている。前作の『Tranceference』はもちろん、最高傑作と名高い前々作『Ga Ga Ga Ga Ga』すら凌駕する傑作だなんて想像できるかい?凌駕する、ってのはちょっと言い過ぎにしても、彼らの輝かしいディスコグラフィ内…

お知らせ、7月のベストミュージック(後編)

ではでは7月のベストアルバムを!順不同で10枚。いや、でも正直最初の2枚は飛び抜けてとんでもなかった。勿論どれも本当に本当に素晴らしい作品ばっかりです。8月にはとりあえずFKA twigsとSpoonの新譜もあるし、アナウンスされていたKanye Westの新曲「Al…

お知らせ、7月のベストミュージック(前編)

こんにちは。すっかり夏ですね。先月のこの記事も似たような出だしだった気もしますが、ずっと夏なんだから仕方ない。だってほら、ヒロトもハイロウズの時に歌ってたじゃん、「6月と9月にはさまれたのが夏じゃない」「すべての季節が過ぎ去っても/僕は夏のま…

Undersky Ambience

Streaming 以前にもポストした国産エレクトロニカの最高峰、sora。まるでオウテカがサンプラーを用いてリゾートミュージックを制作したかのような『re:sort』という傑作を1枚だけ残して活動休止(?)して以来、何の音沙汰も無いので彼の新しい音源を聴くこと…

Lowlakes 『Iceberg Nerves』

インターネットを徘徊して片っ端から音源をダウンロードして聴いては保存/削除し、時間を浪費しまくる、という幸福なのか不幸なのかよく分からないけど、とにかくネット時代の音楽好きあるあるなことをしていたら発見しちゃったよすげーバンド!なんて経験誰…

Bleachers 『Strange Desire』

We Are Young/Fun. 2012 アメリカならともかく、この日本でFun.というバンドを覚えている人ってどれくらいいるんだろう。もしかしたら僕が知らないだけで今でも熱心に愛されているのかもしれないけど、とにかく僕は完全に失念していた。ジャネール・モアイを…

Mark Barrott『Sketches from an Island』

Mark Barrottのこのアルバム、とにかくとにかく兎に角、素晴らしいんです。バレアリックの新たな名盤の誕生です。Sketches from an Island/Mark Barrott 2014 イングランド出身のMark Barrottがイビザ島に移住し、届けてくれた『島からのスケッチ』。そのタ…

How To Dress Well 『What Is This Heart?』

まずはHow To Dress WellことTom Krellの2010年と2012年にリリースした2枚のアルバムについて振り返ろう。Love Remains 2010Love Remainsアーティスト: How to Dress Well出版社/メーカー: Lefse Records発売日: 2010/10/19メディア: CD購入: 4人 クリック: …