読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまここでどこでもない

I can't give you all that you need ,but I'll give you all I can feel.

スヌーザーが選んだ1999年度ベスト・アルバム10

f:id:sogarjp:20150704200411j:plain


世界が終わるはずだった1999年。90年代最後の年に最も「90年代的」なバンドだったフィッシュマンズのフロントマンである佐藤伸治が急逝する。長い長い夏休みの終わり。国内外問わずに終わりゆく余暇を惜しむようなフィーリングをもった作品がリリースされているのは、決して単なる偶然ではないだろう。「何かが終わったら何かが始まるんだ」。未曾有のビッグ・ビート・ブームは少しだけ落ち着いて、ベックベースメント・ジャックスは強張ったファンク・フィーリングをもったダンスレコードを、アンダーワールドアンビエント~ディープハウス色の強い「Beacoup Fish」をリリースした。少しづつタフに、少しづつダークに。スーパー・ファーリー・アニマルズ「The Turning Tide」のリリックがそんな時代の空気を代弁してくれる。

Need recuperation
Time to hitch a ride
On the turning tide


時間が必要なんだ
波に乗るための
変わってゆく波に乗るための

ミレニアムが訪れるほんの少し前。誰もが夏の終わりのような感傷を弄んでいた世紀末に「ゼロ年代最重要アーティスト」である七尾旅人は、自身のファーストアルバムでまるで手塚漫画のようなグロテスクで歪んだファンタジーを描いた。彼の描いたツイステッド・ファンタジーは時代の先取りなんかでは決してなく、ドラッグと援助交際と自意識に塗れたこの国の90年代が産み落とした澱のようなものであり、清算でもあった。その事に気付いていたのは、しかし、まだほんの一握りの人達だけだった。


スヌーザーが選んだ1999年度ベストアルバム10

10.Pavement『Terror Twilight』
https://itunes.apple.com/jp/album/terror-twilight/id2989229?uo=4&at=10l8JW&ct=hatenablog


9.Sleater Kinney『Hot Rock』


8.Basement Jaxx『Remedy』

レメディ

レメディ

Youtube


7.Beck『Midnight Vultures』

Midnite Vultures

Midnite Vultures

  • ベック
  • ロック
  • ¥1400


6.サニーデイ・サービス『Mugen』

MUGEN

MUGEN

Youtube


5.Underworld『Beaucoup Fish』

Beaucoup Fish

Beaucoup Fish


4.Nine Inch Nails『The Fragile』


3.七尾旅人『雨に撃たえば…disc2』

雨に撃たえば...!disc 2

雨に撃たえば...!disc 2

Youtube


2.Cibo Matto『Stereotype A』

Stereotype A

Stereotype A


1.Super Furry Animals『Guerrilla』



スヌーザーが選んだ1999年度ベストシングル10

Apple Music Playlist

1.中村一義「ジュビリー」

2.Propeller Heads & Jungle Brothers「Take California And Party」

3.The Flaming Lips「Race For The Prize」

4.Armand Van Helden「You Don't Know Me」

5.Nine Inch Niles「The Day The World Went Away」

6.Super Furry Animal「Northern Lights」

7.Fountsins of Wayne「Denise」

8.Leftfirld feat,Afrika Bambaataa「Afrika Shox」

9.Red Hot Chili Peppers「Around The World」

10.Badly Drawn Boy「Once Around The Block」